東京都ジュニア長水路水泳競技会

公認スポーツ栄養士の松田幸子です。この土日は辰巳で長水路のレースがありました。

スポーツ栄養士 松田幸子



日曜日は予定よりも30分近く進行してしまい、ちょっと考えていたスケジュールとずれてしまいましたが、予選と決勝の空き時間は事前に選手に話した通り想定内だったのでリカバリーやアップ時間などもそのままでいきました。レース3日前に練習内容と練習タイムを見て「誰でも出来る、どこでも出来る食のアドバイス」をしてその日の夜にして実行してもらった選手も無事に出場レースはベストタイム更新しました。

スポーツ栄養士 松田幸子


この時期の長水路は夏のチェックのため、タイムがどのくらい出せるのか見ておきたいレースです。高校生は特にここでインターハイの標準記録を切れているのかも1つの目安と自信になります。もちろん夏のJOもここで切れたら選手の自信にもなります。


会場でチームサポート、パーソナルサポートしている保護者の皆様とそれぞれお話ししてGW中の事もアドバイス。


「こういう事があればすぐに連絡してください」


選手によって1人、1人異なる具体的なアドバイスもレースを観て行ってきました。現場に行くといろんな事が見えてきますね。


ただ、夕方の辰巳はまぶしいのが難点。

book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック