パフォーマンスを下げる『むくみ女子』

公認スポーツ栄養士の松田です。

今日はむくみ女子のお話。

女子選手  アスリート むくみ  公認スポーツ栄養士 松田幸子



中学、高校の女子選手にむくみ女子が多いのをご存知ですか? これは競技を問わないかな。今まで多くの競技で実際にあった身体の調子です。


理由は様々ですが(実はかなり似ている理由なのですけど💦)選手たちは自覚症状として『関節が固い』『冷える』と言う事を感じるようです。


私が彼女たちの身体を触ると、むくみ独特の感触が肌に表れているのがわかります。そう言うときに松田は


選手としてもマズイけど、女子として非常にマズイ


とボソッと呟きます。こう言われるとむくみ女子選手たちは松田の話を一生懸命に聴き、生活・食事を見直します。女子としてマズイと言うのはやる気を出す言葉なのかも知れませんね。


改善を始めると早い子は2週間、平均で1ヶ月するとむくみは落ち着いてきます。そうすると肌の感触は全然違います。


そして大きく変化するのが見た目。


結構痩せたんじゃないかと思われる位、顔や足がほっそりします。別に食事量を減らしたりもしません。人によっては前より食べてもらいます。コーチによっては見た目の変化に無理な減量をしているのかと思ってしまう方もいるようです。実は全く減量なんかしてないのですけどね。


一般の方もむくみは辛いですが、選手はパフォーマンスが落ちるので早めの改善をオススメします。気になる方はTWCにご相談くださいね


book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック