公認スポーツ栄養士になるには ② ~ベーシック講習会と養成講習会受講申込~

公認スポーツ栄養士の松田です。

公認スポーツ栄養士になるには ① では申し込みから受講決定までを書きましたが少し時期は戻ります。




*****************************************************

2008年12月

スポーツ栄養ベーシック講習会を受講しました。

公認スポーツ栄養士認定講習会の専門科目「スポーツ栄養士に必要な基礎的知識(16.5時間)」の1つに組まれているため必須受講になります。2日間なのですが初日は10時から20時、2日目は9時からと言うハードな日程。2日間終わるとクタクタで家についてそのまま寝てしまった記憶があります。

******************************************************

そもそも公認スポーツ栄養士養成講習会を受講できるのが

●管理栄養士であること
●受講開始年度の4月1日時点で満22歳以上
●スポーツ栄養指導の経験がある者、または、予定がある者
 
以上の者のうち、(公社)日本栄養士会、(公財)日本体育協会が認めた者となり共通科目受講が決まればその年に内にスポーツ栄養ベーシック講習会を受講しないとならないのでスケジュールを空けるのが結構大変だと思います。

私は先にスポーツ栄養ベーシック講習会を受講していたので、スケジュール上、少し助かりました。


公認スポーツ栄養士養成講習会は

共通科目:152.5時間
専門科目:116.5時間

のカリキュラムなので正直大変
です。それ以外にそれぞれの試験準備がもちろんありますので


「スポーツ栄養士になりた~い


画像





と言うような軽い気持ちでは気力も体力も負けてしまうと思います。

公認スポーツ栄養士養成講習会の要綱などは日本スポーツ栄養学会のHPに掲載されているので一度確認することをお勧めします。


 フォローお待ちしてます。 

スポーツ栄養,スポーツ栄養士,フェイスブック,食事,アスリート  ツイッター,Twitter,公認スポーツ栄養士,スポーツ栄養士,日本スポーツ協会,スポーツ栄養  スポーツ栄養士,Instagramフォロー