魚嫌いも克服 給食でお馴染みのメニューで脂質カット ~アスレシピ~

公認スポーツ栄養士の松田幸子です。

今回ご紹介するアスレシピは魚料理です。ジュニアアスリートはボリュームを考え、肉料理にしがちですが、たんぱく質源となる主菜もバランスよく取りたいもの。

魚料理の中で給食でも人気のある南蛮漬けを上手に使うのがポイントの1つ。

エネルギーを高くしたい選手は揚げたものを南蛮漬けにすればよいですが、体重コントロールをしたければ焼いたものを利用するとよいでしょう。

画像


今回のアジの焼き南蛮漬けは野菜も多く使いますので1品でバランスよいおかずにもなります。


またアジはDHAとEPAが含まれます。血流がよくなることっ疲労回復も期待されます。ぜひお試しください。

コラムは松田幸子
レシピはTWCスポーツ栄養サポートチームの鈴木祐香です。
book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック