ややこしい機能解剖用語を楽しく健やかに覚えよう!~脊柱編~

TWC代表の田中です。

8/20の午前中に続き午後は専門家向けの講座です。

栄養士が対象者としてメインですが、「今更聞けないしなぁ・・・(´・ω・`)」という

パーソナルトレーナーの方もOKです。


栄養士の方は特に、この「機能解剖」という言葉を聞いただけで、拒否反応が出る方もいるようで

特に、屈曲・伸展・・・などの名前が覚えづらいというのが嫌みたいです(^-^;

それに、栄養と身体の機能が低下することとどう結びつくのか?というのもリンクがしづらいのかもしれません。


点と点で知識がリンクされていない状態だと、身体の機能低下と食事の結びつきまでは

考えにくいのかもしれませんが、リンクされると様々な食の分野で役立ってくるんです。


スポーツのジャンルは特に点がどれだけ線で結ばれているかが、対象者の

ニーズに応じられる鍵になってきますし、高齢者のサポートでも脳の機能低下は、

身体の機能にも当然影響が出るので、ここでも食と機能解剖はリンクします。



そうは言っても、なかなか苦手意識があるものを学ぼうとは思いづらいので

TWCらしく、身体を動かしながら健やかに楽しく機能解剖を学んでもらおう(*´▽`*)

という企画にしてみました。


今回は身体の中枢部である脊柱の動きに関して学びます。

ややこしい機能解剖用語を楽しく健やかに覚えよう!~脊柱編~

①日時 8/20(日)13:00~15:00

②場所 からだサポートルーム らふすま

③対象の方

・「機能解剖」という言葉に苦手意識がある栄養士(またはトレーナー)

・身体が固く、腰痛や肩こりに悩んでいる栄養士(またはトレーナー)

・機能解剖をどうせ覚えるなら楽しく覚えたい栄養士(またはトレーナー)

④内容

・ 脊柱の仕組みと役割

・ 脊柱の機能が低いことで起こるリスク

・ 脊柱の機能を整えながら解剖用語を覚える


⑤受講料 5,400円(税込)


お申込みは ホームページ よりお願い致します。


機能解剖が線で結びつくと、↓の謎が解けるかも・・・

book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック