ケガをしても早期復帰できるように ~アスレシピ~

公認スポーツ栄養士の松田です。

あなたはケガをしたことはありますか?

擦り傷、切り傷はあると思いますが、捻挫や骨折などもあると思います。

画像


日常生活を無理なくこなせるようになるためには少し時間がかかりますね。

更にスポーツを行うとなると更に体力が落ちないよう、またケガをした部位以外の関節を動かせるようにしておく必要があります。


安静にし過ぎてしまうと患部以外の動きが悪くなり、痛みが他の部位に出てしまいます。ですのでケガの度合いにもよりますが、早めにリハビリを開始する事が最近では多いと思います。


そのためにまず、自分で出来る事は食事による体重コントロールや筋肉量の維持になります。


ケガをするとメンタル的に食事が摂れなくなる人、逆に活動量以上に食べてしまう人と体重コントロールがしにくくなるのも少なくはありません。

今回のアスレシピでは「おかずになるスープ」で身体のコントロールするレシピをご紹介しています。

コラム松田幸子レシピTWCスポーツ栄養サポートチームの烏賊智弘です。

涼しくなってきたので身体もスープで温まりやすくなります。ぜひお試しください。
book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック