TWC田中真央・公認スポーツ栄養士松田幸子 ブログ

アクセスカウンタ

現在募集中のTWCセミナー
2018年8月19日(日)開講
食育の達人 入門編 〜松田も知らないMATSUDAメソッド〜
2018年9月2日(日)開講
第15回 次世代栄養士養成講座 Basic1

zoom RSS 【レポート】次世代栄養士養成講座Basic1 スポーツ栄養基礎1、2

<<   作成日時 : 2017/10/30 16:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

公認スポーツ栄養士の松田です。

9、10月も行った次世代栄養士養成講座Basic1。田中のブログが先にあがってしまったのですが

画像


松田の講座もレポート書きますね。

前半のスポーツ栄養基礎1はとにかく「栄養士になるために学び始めたあの頃に戻って栄養学の基本、生理学や生化学の基本を復習」、そしてそれがどうスポーツやフィットネス、健康の現場に繋がるのかをアツく松田が語る時間です。


よく、スポーツ栄養の授業が学校ではないからわからないとか、何から学べばよいのかわからない、現場に出れないとか言う人もいますが、そもそもスポーツ栄養学は栄養士が養成校で学んできたことを理解していなければ出来ないのです。


画像


だからこそ、現場で必要なポイントはどんな科目やどんなポイントなのか10時から17時までみっちり。それでも声が枯れないのは声の出し方をフィットネスクラブのインストラクターとして培ったからでしょうか。もちろん、松田がアツく語るだけではなく

画像


対象者を設定して受講者に「栄養学の基本」を伝えてもらいます。それが四苦八苦。本当に基本の基本なんですよ。

「栄養士になるために1年生で学んだ内容をどうやって対象者にわかりやすく話す」のか、栄養士でも学生でも関係なくどんどん突っ込みますよ。

そして意外と学生の方がわかりやすかったりすることも。

画像



スポーツ栄養基礎2はアウトプット・アウトプット・アウトプット。
受講者が考え、それをシェアしてインプットする時間が多くあります。


画像


同じテーマで中学生でも出来るワークをしてみて栄養士だから悩んでみたり。


画像



対象者を設定してスポーツドリンクを作ってみたり。作ったなら味見をしてみて、本当にこれでよいのか検討したり。


画像



同じように見えるドリンクは全て味が違います。
しっかりエビデンスを元に考えられたドリンクでも実際に飲んでみると飲みやすい、飲みにくいなど食品選択や含有量で感じ方が異なります。

画像



講義と実践、インプットとアウトプット。

スポーツ栄養学はスポーツ選手だけのものではなく、身体を動かす全ての人が利用してWinになるもの。

だからこそ、栄養士を目指す人・仕事をする人には知っておいて欲しいスキルだとTotal Wellness Consultingでは思っています。
画像

Youtube
Total Wellness Consulting フェイスブックページ
公認スポーツ栄養士 松田幸子 フェイスブックページ
TWC インスタグラム

月別リンク

【Total Wellness Consultingホームページ】

【レポート】次世代栄養士養成講座Basic1 スポーツ栄養基礎1、2 TWC田中真央・公認スポーツ栄養士松田幸子 ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる