セミナーは対複数のコミュニケーション

今日はセミナーの作り方最終日でした。

このセミナーの作り方で、僕は再三使う言葉として表現という言葉を使います。

講師として前に立つ時に、聴く側は講師の表現を観る。

講師が発する言葉だけでなく、その態度や表情、言葉の使い方を全て含めて

講師から発せられる全ての情報が【表現】としています。



そして、その表現のバリエーションが豊かであるほど、

講師として前で話すことが苦でなくなる。

話すことが好きな人は、セミナーそのものが面白くなる。

そんな表現の表し方を今日は皆様にお伝えしました。


画像



画像




なぜ、栄養士なのにセミナーの作り方を学ぶのか?

そのことを理解できる栄養士が現在どれほどいるのでしょうか?


知識も技術を学ぶことが大切なのは当たり前です。

そのジャンル以外にも栄養士が学びを広げることに、自分だけでなく

栄養士としての職種の可能性を広げるのだと考えます。


栄養士に特化したセミナーの作り方を、開催しているのはTWCだけ。

来年はちょこっとだけ、このセミナーの作り方も参加しやすくなると思います。


詳細は TWCホームページ をチェック!!
book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック