プロの栄養士の仕事

日本体育協会公認スポーツ栄養士・管理栄養士の松田幸子です。

3月も終わりに近付き、桜が咲き始めたのに昨日は雪。週末は暖かくなる予想です。体調には気を付けたいですね。

さて、私のところには食について、体についていろいろ知りたい方がほぼ毎日いらっしゃいます。


・食とスポーツについて学びたい、仕事にしたい学生や栄養士
・自分の体をよりよくしたい一般の方
・今よりもパフォーマンスをあげたい選手
・お子さんの健やかな未来を望むご家族



細かく言えばもっとありますがそれぞれ真剣に考えるから らふすま に足を運んでいただくのだと思います。


きっかけ何でもよいと思うのです。


画像
泳ぐ姿勢についてトレーニング&食事セッションで書いた実際の写真



食と向き合いたい、体と向き合いたい。


そう思った時がその人の一番よいタイミングだからです。


タイミングではない時に無理やりやらせるのは最終的にはマイナスに働きやすく、よいイメージを持てなくなります。


だからこそ、きっかけを上手に作り、やりたくなるように対象者がなるのが プロの栄養士の仕事 であると松田は考えています。


食事の話はみな同じ。それでも印象に残るかどうかは話す栄養士によって違う。


プロの栄養士の仕事 はなかなか奥深いものです。


そんな奥深いことがとてもわかる4月8日(日)開催 目からのうろこのセミナーの作り方はこちらから
book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック