言葉の影響力~ミルトンモデル~ NLP資格認定講座4日目

NLPプラクティショナーコース4日目。

今回は天才催眠療法家 ミルトンエリクソン の

言葉を一般にも応用できるよう研究されモデル化した

ミルトンモデルのスキルトレーニング。


前回同様、日常のコミュニケーションを掘り下げつつ仕組みを理解するので

終わった後は案の定、頭がプシューっとなっていましたね( ̄▽ ̄)

画像



さて、催眠というと怪しげなイメージを持つ方もいるので

お伝えをすると、皆さんの身近な存在にも催眠術師はいるのですよ。

NLPの共同創始者リチャードバンドラー曰く

親・教師・医者は優秀な催眠術師だ

と伝えているように、大きな枠組みでの「指導者」はその言葉に影響力を持ちます。

 
普段何気なく交わされている会話のなかで、無自覚に放たれる言葉たち。

その言葉がじわじわと相手に【刷り込まれ】影響を与えている。

そんなこと、考えもしませんよねぇ(;^ω^)

そりゃそうです。催眠ですからね(´_ゝ`)


ですが、ある時にふと気が付いたりしませんか?

私のクセや考え方、言動があの人に良く似てる・・・!


それに気づいたときに、自分の中に選択肢が生まれます。
 
あなたのそのクセや考え方、言動は本当にあなただけのものですか・・・?( ̄▽ ̄)