あなたに合うスポーツ栄養士の選び方~その0~

〝自称″最も多くの栄養士と出会ったパーソナルトレーナー

TWC(Total Wellness ConsultingⓇ)代表の田中ですw

TWCでは松田が食事のご相談を承っております。

老若男女、ジュニアアスリートからプロまで幅広く対応できる

松田の知恵には私も度々聴き耳を立ててはフムフムφ(..)と

勉強をさせてもらっております。
 

その中でも、ジュニアアスリート(の保護者の方)から

相談のお問い合わせを頂くことが多いため

数多くいるスポーツ栄養士から

あなたに合う栄養士の選び方を複数回に分けてお伝えします☆


なお、あくまでも私見であるため参考程度に
とどめておいて頂ければと思います。

クレームは受け付けませんので悪しからずw



今日は選び方の前に知っておいた方が自分の中での基準を

設けやすいと思うのでスポーツ栄養の世界
ほんの一部分をお伝えします。

画像


~前置き1~
あなたがサポートを頼もうとしている人は【栄養士】ですか?


栄養士という資格は名称独占なのです。

つまり、四大~専門までを含めてしっかりと養成課程を履修して
卒業したら「栄養士と名乗っていいですよ」とお墨付きを
都道府県知事からもらうわけですね
(ちなみに管理栄養士は「国」からお墨付きをもらうわけですね)

ですが、栄養士しか栄養指導はしてはいけません
というルールはないのです。

この点を頭において、スポーツ栄養の世界に話を戻すと

スポーツ栄養を【売り】にした資格が数多く出回っています。

栄養指導は誰でも出来るのですから、それをビジネスとして

売り出すことはルール違反ではないわけですね。
 


ここがポイントで、まず各資格団体が【売り】にしている

考え方と方向性をしっかりと知ることが大切なことになります。


例えばスマホ。

スマホを購入する時に人それぞれ着目する点が異なりますよね。

容量が多いのを重視するのか、使いやすさ、デザインetc・・・


それと同様、【スポーツ栄養】という考え方をそれぞれの団体が

【売りの理論】を用いて方向性を示すわけです。

各団体で共通している内容もあれば、対立する理論もあります。


その売りの理論を学べば、栄養士でなくても栄養指導ができてしまう。

スポーツ栄養の世界の一部はそういう世界であるということをまずは

認識しておいて欲しいと思います。




~前置き2~
自称?それとも公認?スポーツ栄養士の公的資格



さて、今度はスポーツ栄養の世界で栄養士として活動しているという

前提で記述を進めて行きたいと思います。
 

スポーツ栄養士の公的資格としては、松田も取得している

公認スポーツ栄養士という資格があります。(リンク参照)

 
公認スポーツ栄養士を取得するにはまず国家資格である

管理栄養士を取得していることが前提条件のひとつになります。

公認スポーツ栄養士の育成にも国から

助成金が出ていることなどから【公認】と前置きがされているわけですね。

そして、この資格制度が始まったのが10年前。

資格制度としてはまだまだ浅い歴史になります。


実はそれ以前にも【スポーツ栄養士】という名称はありました。
 
もうお気づきかと思いますが、それは資格ではなく


スポーツ(の現場で働いている)栄養士さん


だからスポーツ栄養士と呼ばれていたのです。


そして、今でも自称スポーツ栄養士さんはいます。

「だから何やねん!(`・ω・´)」と思われる方も
いらっしゃると思います。

今日はまず、そういった現状があるということを
知っておいてもらえればと思います。

自称と公認の違いは?という疑問が湧いてくると思いますが

それは追々【スポーツ栄養の世界の話】とともに記載していきますので

気長にお待ち頂ければと(;^ω^)


今日のまとめ

#栄養指導は栄養士じゃなくてもできる
#スポーツ栄養士には自称と公認がいる
#それを事実として知っておいて欲しい



その点を踏まえて、次回はポイントを複数に絞ってお伝えします。
book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック