勇気とは何か?~勇気づけ的栄養指導~

今日はサポートチーム6期のフォローアップ講座でした。
 
実は昨年初めてこの講座をサポートチームの
フォローアップ講座として開催したのですが
今年は早い段階で6期にスキルアップをしてもらうことに。
 

真の勇気とはいつも有用な勇気である
そして人生のよくある問題に対処することがいつも勇気があるということである

 

勇気づけはアドラー心理学の発想から来ているのですが
この発想を栄養指導に取り入れることで介入の選択肢を
増やすことが目的です。


栄養の専門家という枠組みにごだわりすぎると、本質的な部分が
捉えずらくなることが度々あるようです。


行動するのは誰か?
考えるのは誰か?
そして私は彼に何を望むのか?

大抵の人はそんなこと、考えずに日々生きているわけですから
そのことを考えながらカウンセリングをしていくのには
かなりの労力を割いたことでしょう(;^ω^)

画像



自分のサポートを振り返って、
出来ないことに泣きだすメンバーもいました。

次にどのように活かして成長していくか?

自分自身も勇気づけていけるようになると、栄養士としてだけではなく
人生も彩り豊かなものになっていくのでしょうね。

さぁ、これからますますサポートチームが盛り上がっていく
季節が到来です
book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック