18歳が成人に 子どもたちをサポートする身として ~参院本会議 可決~

公認スポーツ栄養士の松田です。

先程、参院本会議で18歳成人が可決されたそうです。

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げるとともに、女性が結婚できる年齢を16歳以上から男性と同じ18歳以上にする改正民法は13日、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。施行は2022年4月1日。成人年齢の見直しは、1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳とされて以来、約140年ぶりとなる。
毎日新聞より

画像



中学から高校の子どもたちをその成長を追うように何年もみてきているが、なかなかこころが追い付かない場合も多い。


ご家族とのコミュニケーションがうまくいかない、指導者とのコミュニケーションがうまくいかないのも中学から高校に入り18歳少し手前まで結構ある。


体の成長とこころの成長が同じようになればいいがそういうわけにもいかない。それで成人の年齢が引き下げになると、サポートはよりこころの成長にフォーカスをおくことが必要になるだろう。

1人の人としてどう接するのか

子どもたちをサポートする身として、子どもたちのこころの成長を更に大切にしようと思う。