シーズンと食べ方によっておきるケガ

時々、どこから飛んでくるのかわからないような質問をいただく公認スポーツ栄養士の松田。


今回は記事名のような質問がとんできた。


正直、シーズンと食べ方によってケガの種類が異なり、ケガを助長する可能性もある。


ただこれは様々なエビデンスと経験をパズルのように組み合わせてみたから言えることで、どこかに書いてあるものではない。


だから可能性であり、それについて話せる人は少ないだろう。



昨日はセミナーだったので速報で入ってきたのを見ただけだったのだが、駅伝でアクシデントがあったようで。


寒くなった時の気温変化は脱水症状が出てもなんらおかしくない。


骨折も疲労骨折であったとしたら練習量と食事量をみていけば防げていたかも知れない。


知っているのと知らないのとでは現場での行動はかなり違う。



画像



マコモダケ。そろそろ短い旬も終わりに近づく。


 フォローお待ちしてます。 

スポーツ栄養,スポーツ栄養士,フェイスブック,食事,アスリート  ツイッター,Twitter,公認スポーツ栄養士,スポーツ栄養士,日本スポーツ協会,スポーツ栄養  スポーツ栄養士,Instagramフォロー






book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック