食事相談の栄養計算例

公認スポーツ栄養士の松田です。今日は個人セッションで行っている食事相談のオプション、栄養計算シートのご紹介。


写真はよくある食事(学校で部活をやってる高校男子でハードとまではいかない活動のためエネルギー消費量が高くないと仮定)を計算したものです。

画像



こう見るとエネルギーは満たされていますが

画像



中身は調整が必要。


エネルギー量が足りないのが回避されたらOKではないのがわかります。


こうやってグラフをたくさん出されても意味がわからないものもありますので実際は対象者の目的と目標に合わせてグラフや結果をピックアップ。ご説明と今後の対応をお話します。


g数をいちいち計るのは対象者にとっても負担でしか無いので、写真を撮影いただき送っていただきます。そのため、正確さは全ての材料を計って計算するより落ちますが傾向と対策は十分練ることができます。


シートは食事相談をご希望のお客様には直接お渡ししますが栄養計算だけの方はメール添付、もしくは郵送でご返信しています。


あまり公に出してはいなかったものなのですけれどね。今日はそんなツールのご紹介でした。


画像


一般の食事相談詳細は → こちら

ジュニア選手・アスリートの食事相談詳細は → こちら


スポーツ栄養,スポーツ栄養士,フェイスブック,食事,アスリート  ツイッター,Twitter,公認スポーツ栄養士,スポーツ栄養士,日本スポーツ協会,スポーツ栄養  スポーツ栄養士,Instagramフォロー



book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック