家族の想いを少しでも叶える仕事

今日はこれを読んだ方にいろいろな想いを感じさせるブログになるかも知れません。


昔々、クライアント様からご家族のセッションをしてほしいと頼まれました。


ご家族は余命宣告をされており、残りの時間を少しでも楽しく過ごしてほしいというクライアント様の願いでした。


ご家族同士でセッション時間が近くならないようにしたいとの事で離れた時間にしてそれぞれのセッションを行うことになりました。


ご家族の方は毎回楽しいと食事のお話をたくさんし、体を動かして帰られるのですが、残されるであろうクライアント様の体を気遣い


「最近、趣味の○○をやらなくなってしまったので、また始めてほしい」


と来る度におっしゃっていました。何かの時には松田さんから勧めてほしいと。○○をしているお姿が大好きだったようです。


その何かがきてご家族は倒れられ息を引き取りました。


それから少ししてクライアント様の体づくりの提案の1つとして○○を勧めてみました。


お勧めしたのもかなり遠い時間になった頃、クライアント様から○○をもう一度やってみようと思うとお話がありました。


ご家族が最後まで松田におっしゃって託されたこと、ようやく叶うことが出来そうです。


画像



栄養士として

パーソナルトレーナーとして

出来ることは無限だなと思った出来事です。