スポーツにおけるサプリメントの製品情報 公開の枠組みに関するガイドライン

2017年9月に日本アンチ・ドーピング機構(JADA)に「サプリメント認証枠組み検証有識者会議」が設置され、3月末に


スポーツにおけるサプリメントの製品情報 公開の枠組みに関するガイドライン


が発表されました。


画像


生産施設審査
製品分析
情報公開

などのガイドラインです。実際に使用する消費者にはなかなか難しいガイドラインの内容だと思いますが、ニュースを賑わすドーピングの問題もあります。またガイドラインが出来るというくらい、日本でも頻繁にサプリメントが使われているということが事実としてあります。


ジュニアでは


「なんかよさそうだから」

「CMでやっていたから」


という安易な理由



で使用することが多く、発達・発育の概念から考えるとそのバランスを崩してしまうことにもなりかねません。




使用する場合、本当に必要なのか?


を見極めて使用してほしいと松田は思います。サプリメント使用はしっかり相談してから使用してくださいね。


先日もアミノ酸サプリメントはどれを使えばよいのかというご質問がありましたが、それもその選手の状態によって異なります。余分なお金を使わず、そのお金を有効に使った方がよいですからね。



book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック