TWC田中真央・公認スポーツ栄養士松田幸子 ブログ

アクセスカウンタ

あなたは何をお望みですか?
▼ 栄養士の仕事に直結 マンツーマン指導

▼体の動きの改善、自分の体の見直し

▼ ジュニアアスリート総合サポート

zoom RSS お客様が離れていくのはあなたがコミュ障だから【パーソナルトレーナーに伝えたいこと 3】

<<   作成日時 : 2019/05/15 15:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東日本唯一のパーソナルトレーナー&メンタル(NLP)トレーナのー田中です。

基本的にブログでは真面目?な記事を
書き起こしていくので
公私共に素顔が見られるのは
SNS各種、取り組んでおりますので
田中真央で検索願いますm(__)m


さて、昨日の記事の続きです。

お客様があなたのセッションを
長く続けて頂けないのは
あなたの観察能力不足という話でした。


それ以外の要因で大きいのは
あなたがコミュ障だから。


一般的なイメージのコミュ障はこちらでしょう。
 

パーソナルトレーナーも接客業です。
マンツーマンで話をするという仕事でもあるから
コミュ障とは縁遠い職業かと思われるかもしれませんが
一般的なイメージのコミュ障とは異なり
しゃべるコミュ障もいるのです。
 
しゃべるコミュ障の特徴としては・・・

・お客様の顔を見ているようで観ていない
 (で勝手に話し続ける)
・お客様の言葉を良くさえぎる
・自分の言いたいことだけを言う
・お客様に有益な情報よりも自分の自慢話
・専門用語ばかりでお客様目線の情報提供じゃない
・情報の押し付け
・自分の価値観の押しつけ
 などなど

パーソナルトレーナーに限らず
このような方、いらっしゃいますよね。
 
それをTWCでは
しゃべるコミュ障と言っています。


偉そうに言っていますが
若かりし頃の僕が実はそうでした(;^ω^)
 
今だからこそ、言えるしくじり先生なわけです(笑)


だから、月間最大170件の
パーソナルトレーニングの件数を
取り組んでいたとしても
結局は短期間で離れていってしまった
お客様も数多くいたわけです。


お客様はトレーナーの自慢話や価値観の
押し売りをされに来ているわけではありません。

呼び名としては先生や指導者であったとしても
今すぐあなたに従わなければ命がなくなるわけでもなく
結局行動を起こすのはお客様なのです。

だからこそ、最終的にトレーナーの仁徳がものをいう。

これは、この記事を書いている僕自身も
自戒の念を込めて書いています。


あなたはしゃべるコミュ障になっていませんか?

もしなっていると気づいたなら
それを直すのもトレーニングで可能です。

その最初の一歩はこちらから↓

http://www.tw-consulting.jp/seminar.html



★〓★〓★ 無料メルマガ登録は画像をクリック ★〓★〓★

スポーツ栄養士,栄養士,管理栄養士,企業,仕事,独立,フリーランス




★〓★〓★ プロフィールはそれぞれの画像をクリック ★〓★〓★

大泉学園,パーソナルトレーニング,田中真央,パーソナルトレーナー,メンタルトレーナー  水泳,競泳,食事,こども,選手,スイマー,小学生


月別リンク

【Total Wellness Consultingホームページ】
お客様が離れていくのはあなたがコミュ障だから【パーソナルトレーナーに伝えたいこと 3】 TWC田中真央・公認スポーツ栄養士松田幸子 ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる