どうやって観察力を鍛えるの?【パーソナルトレーナーに伝えたいこと4】

東日本唯一のパーソナルトレーナー
TWC代表の田中です。

一昨日にお伝えした観察力に関して。

「力」と名がつくと気になるのが
パーソナルトレーナーのサガ(いや、そうかな?)
 

結局のところ、どうやって観察力を鍛えるのか?
ここが気になるところでしょう。


当然、観察すること自体は技術になるので
練習していくことでその力は養われていきます。


元々、姿勢をチェックすることが慣れている
ジャンルのパーソナルトレーナーは
(えっ、パーソナルトレーナーにジャンルがあるのという話は別の機会に)
ちょっとした姿勢の違いなどに
気がつきやすいはずです。

そう言った点でパーソナルトレーナーだからこそ
観察する観点を変えることが出来れば
より技術が洗練されてくるのです。
 

観察力をトレーニングするための観察ポイントとしては

・表情筋の状態を細かくチェックする
(眉間、眉毛、肌の質、目の動き、口元 など)

・声の特徴をよく聴く(話の内容ではありません)
(音量、トーン、質、鮮明さ など)

・顔以外の姿勢全体から特徴的な部分を抜粋する



それを全て頭の中でチェックしたあと

自分の身体を使って再現する


これが大切です。

ただ、関係性にもよりますが目の前にお客様がいると

あからさまに出来ない場合もあるので

その場合は誰かに練習として

付き合ってもらうことがおススメです(笑)


それらの情報から、何を観ていくのかというと

お客様も気づいていない慢性的な感情や

その時々に抱いている感情や感覚を

敏感に察知することが出来るようになります。


慣れてくると、頭と身体を極めて微細に使って

ばれないように再現することが可能になります。

こんな感じに(笑)

画像

 

次回は、それが出来るようになったら

トレーナー側にどんな良いことがあるのかをお伝えします。

6/21(金)14時~17時
観察力のトレーニングも含まれた
感情分析テクニックセミナーはこちらを参照ください。

http://www.tw-consulting.jp/seminar.html