描いていたものにするのは自分次第

最近は中学生で自分の興味のある仕事についている人にアポイントを取ってレポートを書く課題がありますね。 最初は10年位前。ある私立中学の子を皮切り国公立、私立関わらずアポイントを取ってくる中学生が多くなりました。基本的にそのようなアポイントの中学生の取材には時間を取るようにしています。 実際に会うときも、電話取材を受けることもあります。 教員の指導がしっかりしているか…

続きを読む

試合続きの疲労蓄積はどうやって改善する? ~アスレシピ~

競泳は世界選手権が始まりましたね。選手は連戦、そして2020に向けてコンディション維持のためこんなことをしていると記事が上がっていました。 競泳が東京五輪に向けてレース直後に弁当をトライ ~アスレシピより~ 東京マラソンをTWC田中が走ったときに地下鉄で移動しつつリカバリー用の食事を持参。ゴールのビッグサイトで着替えをしてすぐに食べさせたのはもう10年前か?!なんて事を思い出しま…

続きを読む

関東高校結果 ~インターハイ予選~

今日まで山梨で競泳の関東高校が行われました。サポート選手が出場し、全員が何らかの種目でインターハイ出場を決めました。 今年は関東、来年はインターハイと計画していた選手がいたのですが、今年インターハイに行けることになりました。 これは2つインターハイを決めた連絡がきた時に送ったライン。 スタンプ1つと『3ついくぞ!』 それだけ。既に東京で準備は終えています。長々と言う必…

続きを読む

筋肉をすごく増やせば速くなるは幻 ~動画でチェック~

水中動画撮影をしたとき (これは松田が海亀を撮影中) 皆さんにわかりやすい動画が撮れたのでアップしました。TWC田中はスイマーではありませんが、とりあえず泳げます。念のため。 松田が浮いている状態で撮影したので若干波に揺れているかも知れませんがそのわりにはわかりやすい動画になっていると思います。なぜ、筋肉をを増やすだけではパフォーマンスがあがらないのか、少し解説も書いておき…

続きを読む

鹿島アントラーズ 食育キャラバン 2019年7月度

食育で子どもたちの顔が楽しそうなら自分も楽しく感じる。逆もしかり。 と言うことで楽しそうな松田をお送りします。5年目を迎えました 鹿島アントラーズ食育キャラバン。1年目に伺った鹿嶋市の全12小学校に10月まで伺います。 バスは交通事情もあるのでちょっと早めに待ち合わせ場所に着くようにしています。水郷潮来に着くと試合日程の掲示板、試合ポスターがあるのでそこで…

続きを読む

インターハイ特集号 ~高校生スポーツ~

高校生スポーツと日刊スポーツが制作しているインターハイ特集号にアスレシピにご提供したレシピを今年も掲載いただきました。 毎年候補としてあげていただけるレシピをT W Cスポーツ栄養サポートチームスタッフが作り上げていることに栄養士としてのレベルアップを感じます。 今回は松田のコラムと山崎沙織のレシピをご紹介です。 南九州総体は9年前の美ら海のときのように日差しとの戦いにもなるで…

続きを読む

試合だからって糖質ばかりはNG ~アスレシピ~

今日から3連休。昨日食育講座でうかがった小学校でも「日曜日、サッカーの試合なんだ!」「土曜日、空手の試合なんだ!」とみんなが教えてくれました。 今、TVでも小学生が陸上のリレーで試合に出場している映像が流れています。子どもたちが頑張る姿は大人の心にぐっと突き刺さりますね。 ところで試合と言うと糖質を摂取するのがゴールドスタンダードですが本当にそれだけ注意していればよいのでしょうか…

続きを読む

熱中症対策で塩タブ、塩飴を使うときに気を付けたいこと。

熱中症対策商品がいろいろ発売されていますが、手軽に摂れるので塩タブや塩飴を使うかたも多いのではないでしょうか? ただ、塩タブや塩飴のみを食べてOKということではないのはご存知ですか? 体は体内で塩分(ナトリウム)を一定の濃度にするために働きかけます。 ・水だけ飲めば体の中のナトリウム濃度が低下する可能性が高く、その場合は水分を出そうとする。 ・塩タブや塩飴だけ摂れば体の中のナ…

続きを読む