ハードな練習で鉄摂取量が激減するときの3つの工夫

7月は競泳の世界選手権が行われ、瀬戸大也選手が東京五輪代表を決めました。瀬戸選手は練習で「鬼メニュー」をこなしたそうです。 ▼ 金メダルへの道が見えた “鬼”から逃げなかった瀬戸大也、「耐乳酸」ボディーで挑戦 これだけハードな練習をしていたらアスリートに大切な鉄は一般の人よりたくさn摂っていても足りません。奥様は元アスリート。体に必要な栄養が足りないときの状況を身をもって体験している…

続きを読む