結果を出す選手ほど疎かにしない食事 ~アスレシピ~

茨城国体期間中に鹿島アントラーズ食育キャラバンが連日あり宿泊することになりました。

20191128_174114.jpg



昨年から各市では職員の方がポロシャツを着たり。バス待合のマットも国体仕様。


20191128_174156.jpg



道の駅いたこも横断幕があったりで国体を盛り上げようとしていました。今年は鹿嶋市の全小学生は国体応援をしていたため、子どもたちからもいろいろ話を聞くことが出来ました。とても温かい選手との交流話もありましたよ。


さて、話を戻します。宿泊先にいくとチーム名のバスが1台。それが国体出場選手を送迎するバスでした。


宿泊先にチェックインするためフロントに行くと、わかりやすいジャージをきた、かっこよいアスリートがたくさん。明日は試合だなと思っていました。そのチームは勝ち進むわけですが、最終的に何位だったか書いてしまうと種目・チームかわかってしまうので、気になる方はこっそり松田に聴きに来て下さい(笑)。


その選手たちの試合時間を知っていた私はちょうど同じくらいに食事を摂るのかも知れないな~と思いながら翌日、朝食会場に向かいました。そうしたらドンピシャ。


全選手とスタッフがいてごった返していました。これは失敗したかなと思ったのですが、それはそれでただでは転ばない松田です。その時の話をコラムにしました。


レシピは1年中通して、残り物でも作れる補食。そして副菜にもなるレンジで簡単!小田巻蒸しです。

97回目【疲労回復 補食】 小田巻蒸し.jpg



コラムTotal Wellness Consulting 松田幸子
レシピTWCスポーツ栄養サポートチーム 鈴木祐香です。


小田巻蒸しを知らない方もいないかと思いますが、簡単に言うとうどんの入った茶碗蒸しです。エネルギー量も確保出来るのに食べやすいのでレパートリーにいれていただくと重宝しますよ。