栄養学を「わかりやすく」→「興味をもってもらう」に ~次世代栄養士養成アカデミー~

対象者に対して質問に即、対応する。組織の中での立ち位置と対応。栄養学に対して文章を書く。

大きくわけてこの3つがアカデミー生の疑問点、課題と言うことでセミナーを新たに構築しみっちり6時間行いました。


Point20Blur_20200126_203756.jpg



自分のことを話すときと、仕事として栄養学を話すときの言葉遣いや表情、対応からみていきます。


Point20Blur_20200126_150735.jpg




珍しい講師2人のセミナーで動画も撮ったので、インスタグラムに。松田はずいぶん、ゆっくり話せるようになりました(笑)。






最後に対象者を設定して、3分以内で会話をしてみる。これだけでも1時間かかりました。みんな、頭をフル回転したようで、終わったときにはなんとも言えぬ声を出していましたよ。対象者からの質問は「現場でよくある」内容にしたので、臨場感もあるものになりました。


20200126_163032.jpg


20200126_163257.jpg


20200127_092005.jpg



ここには載せていませんが、文章を書く単元では「切り替わり」がなかなかうまくいかず、文章が同じになってしまうことも。これは書き慣れる必要もありますが「言葉を知る」ことも必要なので、その言葉の入手の話もしました。


20200127_091552.jpg



アカデミーが始まった当初は多くの栄養士と同じでしたが、今ではかなり問題意識を持ち、自分らしい栄養士像を身につけてきていると思います。

後、3ヶ月だよ。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

2020年2月開講講座募集中!

全国どこからでもPC・タブレット・スマホで受講OK

ジュニアスポーツ栄養オンライン講座



ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 シリーズ1 体を大きくする・身長を伸ばす


ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 シリーズ2 サプリメントについて


ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 シリーズ3 試合で力を発揮する食と心構え


お申し込みの流れ・お申し込みはこちら




 フォローお待ちしてます。 

スポーツ栄養,スポーツ栄養士,フェイスブック,食事,アスリート  ツイッター,Twitter,公認スポーツ栄養士,スポーツ栄養士,日本スポーツ協会,スポーツ栄養  スポーツ栄養士,Instagramフォロー