柏レイソルアライアンスアカデミー長生 スポーツ栄養講座

柏レイソルアライアンスアカデミー長生様 キッズ・ジュニアの保護者対象 スポーツ栄養講座でお話させていただきました。会場はサンライズ九十九里。オーシャンビューで、プライベートで泊まりたい・・・

20210425_112917.jpg



ソーシャルディスタンスが確実にとれるアリーナ。受講者と私の距離は10mは軽くありました。

実際に話しているのはこんな感じ(柏レイソルA.A長生様のInstagramより > でスクロールしてみてね)





1部は小学校低学年と幼稚園、2部は小学校高学年で、この年代でも成長が少し異なるので、それぞれの年代区分に合わせてお話させていただきました。

保護者様からのアンケートをいただいたのでご紹介。



■今日の講座を受ける前、あなたはお子さんに対してどんな悩みがありましたか?

・食べる量が少ない 痩せている
・食事の量、質、タイミング
・偏食がある。バテやすい。
・カラダが小さく、身長が伸びない
・身体が大きくならない
・骨折後の効率の良い食事方法について
・身長の伸び悩み
・子供の成長具合、どの程度食事を食べたらいいのかなど一人っ子のため全く予想もつかなかった。


■今日の講座で印象に残ったことはなんでしょうか?

・食事と捕食の間隔を4時間くらいにして、5回くらいに分けて1日必要量を摂ること。
・補食の大切さ、意味、子ども自身の理解度が必要不可欠
・生きるために食べる。という事。
・家族みんなで共有して進む必要があること
・食べている量が全然足りていないと実感しました
・予想以上の量を食べなければいけない!という事。
・一年間で増える体重の目安
・増えていないのには原因がある。
・生活の質の見直しの必要性
・間食ではなく補食としての考え方。
・スポーツをする上での食事の重要さ、特に栄養学的な成分だけでなく、食事のタイミング、質、量、また日頃より持たせている捕食についての考えを改めることができました。


■今日(明日)、子どもに今日の講座のどんな内容を話してあげますか?

・どうして食事を取ることが大切なのかと、睡眠の大切さ。
・何の為に食事をするのか? 各栄養について 食事のタイミングや大切さ
・よく食べ、よく休み、楽しくサッカーをしようね。
・食べることを自分から興味が持てるように必要性を栄養素ごとに話してあげたい
・何故食べなければならないのか 補食について
・全てです。
・食事の大切さ。
・サッカーのポジションのように栄養もバランスを取りながら食べることが大事。
・お腹いっぱいになることでなく体のために自分でも意識して食べ物を選ばないといけない。
・好きなものだけをたくさん食べるのでなく、幅広く多くの種類をとることが重要だよと伝えてあげます。




■お子さん(たち)がどんな風に育って欲しいですか?そのために、今日の講座を聴いてみて、自分は何をしますか?

・ケガをしない強い身体と強い心を持ってもらいたい。自立を促し、自分で考えてやれるようにサポートしていきたい。
・食事の大切さを理解し、自発的に行動が出来るようになって欲しい。そのために、まずは親自身が理解度を深め、毎食の工夫、食事の買い物の時などに話しをしてみる。
・自分を信じて、乗り越えていける力をつけて欲しい。 親は見守り、食事睡眠などでサポートしていく。
・自ら少しでも行動できる(食事取ることも含め)ように接したり、手本になるようにバランスよく食事をとっていきたい。
・苦になりながら食べたり動いたり生活することが限りなく少ない毎日を育って欲しい
・助言を聴きながら自分で考えて実行できるように、家族で話し合い、常に考える力を育てたい。
・食事を楽しみながらも大事さを分かって欲しい。
・自分のやりたいと決めたことは後悔のないように努力してもらいたい。
・食事だけでなく補食も組み合わせられるように親子で意識付けをする。
・身長や体重、筋力といった肉体的なことだけでなく、頭や脳の成長も含め、心身全体で健やかに育って欲しいです。決して量だけに行くのでなく、バランスのとれた食生活を提供できるように日々努力します。




会場すぐ横は九十九里浜。

近くにはサッカー日本代表のトレーニングキャンプをする施設もあるとのことでした。

とにかく、風がすごかった。頭ボッサボサ(笑)。


20210425_163953.jpg