ジュニア選手は生活で課題が山積みだからこそ、学校休校・運動施設閉鎖の今を大切に、

小中高が休校になり、それに伴い、各運動施設が閉鎖しはじめています。ジュニア選手には学校に行けない、泳げないと不安があると思います。2011年3月11日以降を乗り越えてきましたが、今回はまた異なった状況です。だからこそ、余計不安だと思います。 ですが、これをプラスに考えることは出来ないでしょうか? ジュニア選手は生活においてこのような課題があります。 ・練習量が多くて食事量が…

続きを読む

強い骨を一生と思うなら 女子だけではなく男子も ~女性アスリートシンポジウム~

昨日は2019年度スポーツ庁委託事業 女性アスリートの育成・支援プロジェクト 女性アスリート シンポジウム『女性アスリートの丈夫な骨づくりと栄養』 @早稲田大学東伏見校舎 に参加してきました。 東伏見は大泉学園から自転車で行けるので、以前、日本スポーツ栄養学会が早稲田大学であったときも自転車で向かった地です。かなり地元感満載です。朝のパーソナルセッションを終えてから行ったので少し時間があ…

続きを読む

鹿島アントラーズ 食育キャラバン 2019年10月度

「先生、インスタグラムやってる? 私達が給食食べているところ載せるとインスタ映えするよ。」 給食喫食時の子どもたちの発言です。私が子どものころはせいぜいTV番組の話くらいだったでしょう。時代を知れますね。 ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 鹿島アントラーズと言うクラブを身近に感じてもらい地域に貢献するための1つのツールとして食育キャラバンが始まり5年経ちま…

続きを読む

「そっか、僕食べられるんだ」 ~食育で大人が鵜呑みにしてはいけない言葉~

「先生は何が嫌い?」 『昔、セロリが嫌いだったけど食べられるようになったよ。』 「僕はピーマン苦いから嫌い。」 給食を食べながら好き嫌いの話を子どもからしてきた。それに対して 『そうか嫌いなんだ』 で終わらせてしまうのは簡単。なら他の食品を食べればよいじゃないも簡単。 でも話を進めていくと 「◯◯にすると食べられるんだ」 とのこと。 『なんだ、食べられるんじゃない』 と言うと…

続きを読む