パーソナルトレーナー、インストラクターの方のためのメルマガ始めます。

このブログで複数回にわたり パーソナルトレーナーの方向けの 記事を書いてきましたが、 より想いを受け取ってもらいやすく また、中身の濃い内容をお届けするため 6/14よりメルマガを開始いたします! ▼登録はこちらから▼ https://www.agentmail.jp/u/personaltrainertanaka/fp/14186/1/ 6/13の23:59まで…

続きを読む

なぜ、それを伝えるのか?【パーソナルトレーナーに伝えたいこと9】

東日本唯一のパーソナルトレーナー TWC代表の田中真央です。 今日はTWCが主催する 米国NLP協会認定のプラクティショナーコースを 卒業された方に向けたフォローアップ講座でした。 NLPとはこちら▼ http://www.tw-consulting.jp/index6.html フォローアップの日は、外部よりお客様をお招きして 実際に悩んでいることや、課題をテー…

続きを読む

【1年間の育成プロジェクト】次世代栄養士養成アカデミー 5月

最近はパーソナルトレーナー向けに ブログを書いていますTWCの田中です。 5月も間もなく終わりますね。 皆様はどのような日々を過ごしたでしょうか? TWCは一大プロジェクトとして 次世代栄養士養成アカデミー を開講しました。 今までは単発や多くて5回のセミナーで 栄養士スキルアップ育成に取り組んで参りましたが 今年から本気で自分を変える覚悟を持…

続きを読む

本音に気づかないお客様【パーソナルトレーナーに伝えたいこと8】

東日本唯一のパーソナルトレーナー TWC代表の田中です。 現在、ご縁のあるパーソナルトレーナーの方々に 実際の現場で悩んでいることや困っていることなど 情報収集をしております。 お話を伺った方のお一人、蔵前さん。 そもそも、パーソナルトレーナー育成自体に ブランク期間があるのでご連絡を取っていない トレーナーの方々がほとんどなのに 蔵前さんは快く…

続きを読む

何を内省するのか?【パーソナルトレーナーに伝えたいこと7】

東日本唯一のパーソナルトレーナー TWC代表の田中です。 観察力を更に引き上げるために 内省力が必要だという記事を前回は上げました。 そもそも内省とは 自分のこころと向き合い 自分の考えや言動を省みること だそうです。 で、何に対して内省をしていくのか? それが、普段の行いそのものを即振り返るということ。 わかりやすいのは お…

続きを読む

観察力を更に引き上げる力【パーソナルトレーナーに伝えたいこと6】

東日本唯一のパーソナルトレーナー TWC代表の田中真央です。 観察力を手に入れることのメリットは お客様と心身ともに楽しく価値ある時間を過ごせること そんな記事を前回は書きました。 簡単に言えば お客様が喜び、感動するような セッションをするためにちゃんとお客様を観ましょうね。 っていうことです( ̄▽ ̄)b そうはいっても、パーソ…

続きを読む

観察力を手にすることのメリット【パーソナルトレーナーに伝えたいこと5】

東日本唯一のパーソナルトレーナ TWC代表田中真央です。 一昨日の観察力のトレーニング記事の続き。 観察力が身につくことによって トレーナーにどのようないいことがあるのか? それはお客様の状態を察知することによって お客様にかける言葉をトレーナー側が 選ぶことが出来るようになるので 結果的にお客様にとっても自分にとっても 安心できるセッシ…

続きを読む

どうやって観察力を鍛えるの?【パーソナルトレーナーに伝えたいこと4】

東日本唯一のパーソナルトレーナー TWC代表の田中です。 一昨日にお伝えした観察力に関して。 「力」と名がつくと気になるのが パーソナルトレーナーのサガ(いや、そうかな?)   結局のところ、どうやって観察力を鍛えるのか? ここが気になるところでしょう。 当然、観察すること自体は技術になるので 練習していくことでその力は養われていきます。 元々、姿…

続きを読む

お客様が離れていくのはあなたがコミュ障だから【パーソナルトレーナーに伝えたいこと 3】

東日本唯一のパーソナルトレーナー&メンタル(NLP)トレーナのー田中です。 基本的にブログでは真面目?な記事を 書き起こしていくので 公私共に素顔が見られるのは SNS各種、取り組んでおりますので 田中真央で検索願いますm(__)m さて、昨日の記事の続きです。 お客様があなたのセッションを 長く続けて頂けないのは あなたの観察能力不足という話でした。 …

続きを読む

お客様が離れていくのは観察能力不足【パーソナルトレーナーに伝えたいこと 2】

眠っていたブログを本格稼働させるために まずは習慣化としてブログを書き起こしていこうと 決断したTWC代表の田中です。   パーソナルトレーナーとして活動して15年以上が経過し その間、ずっと私を選び続けて頂いている お客様が数名います。 つまり、リピート15年以上! お客様は私が結婚した時も らふすまを立ち上げ開業した時も ずっと選び続けて頂いている。 …

続きを読む

ようやく認知度が広まったからこそ【パーソナルトレーナーへ伝えたいこと 1】

TWC代表の田中です。 昨日、次世代栄養士養成アカデミーが スタートいたしました。 志の高い栄養士の方の目標達成への サポートを1年間という時間をかけて行います。 開催できた嬉しさとは別にそのアカデミーにかける 思いが伝わってきて身の引き締まる思いです。 さて、それと同時並行で・・・ いや実際には後回しになっていたビジネスを 少しずつ本格稼働させていくよ…

続きを読む

【水泳の食事】合宿から帰ってきたら「まず」家族が子どもに伝えること

水泳(とはタイトルに書きましたが、他のスポーツでも)ではこのGW、合宿に行かれている選手も多いと思います。5日か6日に帰宅する選手も多いのではないでしょうか? 帰宅日の食事は疲れもたまっていると思いますので食べやすいものにし、早めの入浴、早めの就寝を取るのはもちろんです。宿泊合宿の場合、長距離の電車やバス移動がありそれだけでも負担ですが合宿からの帰宅は体にとってかなり過酷だからです。 …

続きを読む

令和元年5月1日

平成最後の日は仕事前に東京大神宮に参拝。 お参りをし、御朱印をいただきに お気持ちの赤福。 3月に伊勢神宮へ平成最後の参拝に行きましたが、松田とご縁のある皆さまが令和の時代も健やかに過ごされるよう祈念してまいりました。 新しい時代も皆さまにとって素晴らしい時代になりますように。

続きを読む

今更ながらTwitterはじめました

あまりにもブログの更新をしないので 松田に叱られた田中です(´・ω・) ブログの位置づけを考え中ですので 更新頻度は今しばらく低い状態が続きますが これがハッキリしたら更新頻度は上がるので 今しばらくお待ちくださいましm(__)m   で、今更ながらTwitter始めました! 東日本唯一のパーソナルトレーナー田中真央@大泉学園 以前、アメブロでブログを書いていた時に…

続きを読む

2019年度 TWC栄養士セミナー・スキルアップ事業について

2019年3月まで栄養士スキルアップ事業を5月より下記のように改訂させていただきます. ・1年間のアカデミー こちらに関しての詳細はブログにあげておりますが、TWCの経営理念、アカデミーの主旨にご賛同いただいた方に受講していただきたいため、2019年3月までにTWCのセミナーを受講した方でご興味ある方にご説明をさせていただいております。 そのため今までTWCセミナーを受講されて…

続きを読む

松田マジックで『サルコペニア』を改善する

スポーツ栄養士だということで競技選手ばかりサポートしているイメージのある松田は自分で言うのもなんですが、意外とご年配に人気があります。 TWCからだサポートルームらふすまのパーソナルトレーニングは大泉学園のご年配の方が数多くお越しになっています。 その中のある方のお話。 ご本人は食事をたくさん摂っているということですが体重が増えないとのこと。 簡単に言うと …

続きを読む

なぜ、アカデミーにしたのか?

TWC代表田中です。 実は昨日、38歳というレベルになりました(*^^)v FBやLINEでもメッセージを頂いて 「もう誕生日なんて歳じゃないし・・・」というのはウソですね! やっぱりメッセージを頂けると嬉しいものです☆ さて、その38歳から39歳に向かって行くに当たって TWCのセミナー事業が大きく変わりました。 今までの単発や複数回でのセミナーを…

続きを読む

パフォーマンスに影響する言葉

TWC代表の田中です。 久々にこちらでブログを書きます。 最近こちらのブログもアスリートをお子様に持つ 保護者の方に多くご覧頂いているようなので ぜひお子様の良くも悪くもパフォーマンスに影響する 言葉があるというのを知っておいて欲しいのです。 まず、言葉が影響するわけですから 日常で交わされるコミュニケーションこそが その影響に大きく関わるものになります。 …

続きを読む

謹賀新年 2019

TWC代表の田中です。 2019年 あけましておめでとうございます。 後程松田からご挨拶をさせて頂きますが まずは私から新年のご挨拶を。 今年もTWCはスポーツ栄養の現場に携わりたい 栄養士のスキルアップを通して ジャンル問わずスポーツに関わる人への パフォーマンスアップとスポーツ栄養の世界へ 貢献してまいります。 昨年、楽しいことだけでなく辛いこと苦しいことも…

続きを読む

こころの歪みを直して、あなた自身があなたを幸せにする

12月25日 メルマガサイトのお引越しします! TWC代表の田中です。 先日、松田がメルマガの引っ越しを済ませましたが 僕もメルマガサイトの移行準備を始めています。 今までのメルマガでは 身体の歪みと交えて想いを伝えていました。 今後も身体のことをお伝えする機会はありますが それ以上に、人のこころの歪みを直し 本質的な豊かさと幸…

続きを読む

【メルマガ】こころの相談【読者限定キャンペーン情報あり】

TWC代表の田中です。 メルマガを始めて2ヶ月ほどが経過しました。 最初は文字だけで伝わるのかな?と思いましたが 意外と読んで頂ける方がいるのでまだまだメルマガも 活用できるツールなのですね(・ω・) さて、そのメルマガ読者限定のキャンペーンなるものを 11/27~12/24までの期間限定で始めました。 TWC代表としてではなく 身体とこころの歪みを直す専門家とし…

続きを読む

【メルマガ】身体とこころの歪みの関係

TWC代表の田中です。 こころの歪みの話をしている時に その人のクセや思考のパターンを指摘すると 「なんでわかるんですか!(゚Д゚;)」と驚かれます。 それは、メンタルだけではなくて パーソナルトレーナーとしての経験とリンクさせているから。 決して超能力者ではなくても練習で身に付くものなんですよ☆ 興味がある方ぜひ、メルマガをご一読頂けた…

続きを読む

ZOOMセミナーご参加ありがとうございました。

ウェブカメラを購入したのと、 11月25日(日)の若手栄養士のスポーツ栄養への挑戦と軌跡! で使用するZOOMテスト配信をするため、栄養士の皆さんにお手伝いいただきました。ありがとうございました。 当日はせっかくなのでお悩みやご質問へ回答もさせていただき、何らかのヒントをお持ち帰りいただけたと思います。もう松田はスポーツ・フィットネス業界に入…

続きを読む

歪みによって起こる不調あれこれ

TWC代表の田中です。 松田のメルマガが好評配信中でございます。 そして、私も週1回でメルマガを順調に配信中です。 今週のテーマは 歪みによって起きる不調あれこれ 主に今月は身体のことを中心に情報配信していますが これがこころの歪みにもつながってくるのです。 腰痛・肩こりだけでなく、ストレスでこころがモヤっていて だからといって誰に相談し…

続きを読む

メルマガ&個人インスタ開始しました。

TWC代表こと 身体とこころの歪みを直す専門家 田中真央です。 TWCでは今までスポーツ栄養に関する 数々の記事を書いてまいりました。 そこに、僕がコミュニケーションに関することや トレーニングに関することをたまに載せることで スポーツの現場に携わりたい栄養士の皆さんに 統合的なサポートに関する情報をお伝えしてきました。 これからも、もちろんこのブログではその方…

続きを読む

スポーツ選手と心のケア

スポーツ選手とメンタル。 この関連性は度々記事でも見かけるようになりました。 その多くは選手のパフォーマンスを心の側面から向上するために どのようなアプローチをすれば良いのか というテーマに則してその方法論やアスリートの経験談を 記事にしているように思います。まぁ、あくまで私見ですが。 2020も近づいていますし、 今が盛り上がり時というのもあるのでしょうか。 …

続きを読む

【10/21募集中】[栄養指導に強い栄養士①] 15分で対象者の気付きを生むファーストコンタクト

管理栄養士・パーソナルトレーナーの松田幸子です。 先日、個別指導(パーソナルセッション)を「フリーランスになってからの延べ人数」どのくらいやっているのかとふと思いました。 フリーランスになり12年。 計算してみたら延べ約16000件。 純粋に個人指導の延べ人数です。フリーランス前の人数は全く入れていません。 集団指導の人数を指導歴に入れている方が多いので…

続きを読む

7月の注目記事 ~アスレシピ 時間配分ロール~

公認スポーツ栄養士の松田です。 アスレシピの7月の注目記事で時間配分ロールサンドをご紹介いただきました。 写真は今回のレシピを作っている時のやりとり。何度も差し戻しをしていたときのこと。 栄養士教育も根気よくやってます(笑)。 コラムはこちら 補食で失敗しない、試合に慣れていないジュニアのための「時間配分ロールサンド」 レシピはこちら 時間配…

続きを読む

MATSUDAメソッドはフグ料理のようなもの?

フグ、皆さんは食べたことありますか? 僕は過去に指折り数えるほどですが、味というよりも 食感が印象的だった記憶があります。 さて、そんなフグですがご存知のように毒を持つ 魚で中毒を起こすと最悪の場合死に至るような 危険な毒を保持しています。 その中毒事故のほとんどが素人による料理での事故だそうです。 なので、フグを調理する場合には免許を持った調理師が …

続きを読む

book_gappon.jpg
▲クリック
初の水泳選手の食事本
電子書籍「競泳めし」発売中


tanakamao2.jpg
▲クリック

matsudasachiko2.jpg
▲クリック