結果を出す選手ほど疎かにしない食事 ~アスレシピ~

茨城国体期間中に鹿島アントラーズ食育キャラバンが連日あり宿泊することになりました。 昨年から各市では職員の方がポロシャツを着たり。バス待合のマットも国体仕様。 道の駅いたこも横断幕があったりで国体を盛り上げようとしていました。今年は鹿嶋市の全小学生は国体応援をしていたため、子どもたちからもいろいろ話を聞くことが出来ました。とても温かい選手との交流話もありま…

続きを読む

他人の握ったおにぎりが食べられない

先日、SNSにこんなものがあがってきました。医学部入試で出た「他人のおにぎり問題」あなたはどう答えますか?▼ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68473 実際、子どもも多いし、大人でもいます。 前職のフィットネスクラブで男性スタッフにそんな人がいました。理由を聞いてみると 「知り合いでもない人が握るものを食べるのはどうし…

続きを読む

「引退した今でも役に立つ能力を身に付けることができました。」 ~サポート選手からスポーツ栄養士へのメッセージ~

公認スポーツ栄養士の松田幸子です。 今日はサポートしていたジュニア選手(今では引退しています)から松田がサポートしていたときの感想をもらいました。あなたがもしスポーツをしていて、松田の話を聴きたいと思っていただけたら、こんな風に思ってもらえるのかも知れません。 ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥ 東京都 M.Sさん  競泳 ジュニアオリンピック 全国中学 インターハイ出場…

続きを読む

試合の補食をサプリメントに頼りすぎる落とし穴 ~アスレシピ~

試合後、「時間がなくて食べられなかった」「おなかがすいて力が出なかった」というをジュニアアスリートから聞いたことはありませんか? 私は目立たないように試合会場にいますので、多くの人から松田だと見つけられることはありません。そのためか、レースから戻ってきたお子さんたちが口々に言っているのを耳にします。そしてタイミングを考えず、補食を食べてしまうことで同じようなことがおきます。 …

続きを読む

アスリートの補食を摂る意味は3つ ~アスレシピ~

アスリートが補食を摂る意味、大抵はリカバリーと答えでしょう。そして更にそれには3つ意味があります。 今回のアスレシピコラムではそれをご紹介。 レシピは補食にも普段の汁物にも使えるタラとじゃがいものポタージュをご紹介。汁物でもたんぱく質を摂取出来、のどごしがよいのに魚を使っているポタージュです。 コラムは Total Wellness Consulting 松田幸…

続きを読む

油不要!混ぜるだけ!小学生でも自分で作れるアスリート向け補食 ~アスレシピ~

アスリートにとっていまや切っては切れない補食。様々なメディアでトップアスリートの補食が取り上げられていますが、ジュニアアスリートにとっては「パフォーマンスに成長が必ずプラス」されます。 そもそも子どもは成長が優先ですが、どうしても競技力向上ばかりに目がいき、後から「体が大きくならない」と悩みの種をわざわざ作ってしまいます。だからこそ気がついた今、即、実行する事が大切です。 そして出さ…

続きを読む

身長を伸ばすには食べて体重を増やす ~アスレシピ~

競泳のシーズンは一段落。秋にも試合はありますが来年に向けて体づくりの時期になりました。 そうすると身長を気にするご家族が多くなります。気にするならまずは少しでも体重を増やしましょう。 競技より成長がまずは優先です。もし成長が思うようにしていかなければ、最後の最後で相手に競り負けるかもしれません。 今回ご紹介したのはメカジキのピリ辛サイコロです。 ジュニアスポーツ栄養オンラ…

続きを読む

関節がかたいのはスポーツでもったいない 関節可動域を拡げていく時に注意すること ~アスレシピ~

少しずつ涼しくなってくる9月、そして夏の疲労がたまったままになりやすい9月。そんな時期は関節周りの動きがスムーズではない選手が出てきます。 また最近のお子さんは関節可動域が狭い場合もあり、パフォーマンスに影響している事が多いです。 なのでクラブやトレーナーについてトレーニングをし、関節可動域を拡げる、スムーズに動かせるようにしている選手もいると思います。そのときに注意しないといけない…

続きを読む

【お客様の声】誰も教えてくれないことを教えてくれる場所 ~ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 シリーズ1~

ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 自分の子どもの体をジュニアアスリートに育てる 基礎編 シリーズ1:体を大きくする・身長を伸ばす を受講された保護者からアンケートでお声をいただきました。今日はそのアンケートをご紹介致します。 神奈川県 H.Mさま  より Q. お子さんの年代、性別は? A. 中学2年 男子 Q. 競技種目と競技をしている年数 A. 競…

続きを読む

長期休暇後だから生活サイクルと栄養価を落とさない ~アスレシピ~

先週末はインカレがあり、ひと段落した松田です。ですが・・・もちろんまだまだ続く選手サポート。 ジュニア期の選手をサポートしていると長期休暇後はとても注意する時期です。スケジュールは変わり、睡眠時間も変わり、疲労がとれにくくなることが多いからです。 なので、食事のタイミングを修正するのはもちろん、簡単で食べやすいものを食卓にあげるのは大切なこと。もちろん栄養価は気にしたいですね。今回は…

続きを読む

【概要】ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 シリーズ1:体を大きくする・身長を伸ばす ~自分の子どもの体をジュニアアスリートに育てる 基礎編~

募集期間・講座日程はスクロールしてご確認ください。 体重が増えなかったのに増えた!子どもが積極的に食事について考え、食べるにようになった。 前回のシリーズ1で第3講座前に皆さんからいただいたお声です。 「スポーツ栄養学を学ぶだけではなく、自分の子どもにフィットさせること」 「短時間で詰め込むようなセミナーは情報が浅すぎて多すぎる、そして生活に取り…

続きを読む

【概要】ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 シリーズ2:サプリメント(栄養補助食品)について ~自分の子どもの体をジュニアアスリートに育てる 基礎編~

募集期間・講座日程はスクロールしてご確認ください。 「スポーツ栄養学を学ぶだけではなく、自分の子どもにフィットさせること」 だからこそ伝えたいことがあります。 本当にそのサプリメントは必要なのかどうか? 子どもの成長と生活は隣のあの人とは違います。 同じチームにいても、同じ年齢でも違います。 なのに同じ対応でよいのでしょうか? …

続きを読む

〈販売店追記〉【水泳の食事】勝てるスイマーに育てる 「競泳めし」 シリーズ 出版のお知らせ

日刊スポーツ新聞社 アスレシピ から 勝てるスイマーに育てる 競泳めし シリーズ の電子書籍出版を本日致しました。第1~第5巻、そして合本版含め一挙6冊です。 松田がコラム、レシピはTWCスポーツ栄養サポートチームとして関わりのある栄養士作成です。 今回はいくつかこだわって作っているところがあります。 ・水泳の食事をコラムとレシピ連動型でテーマ毎…

続きを読む

ハードな練習で鉄摂取量が激減するときの3つの工夫

7月は競泳の世界選手権が行われ、瀬戸大也選手が東京五輪代表を決めました。瀬戸選手は練習で「鬼メニュー」をこなしたそうです。 ▼ 金メダルへの道が見えた “鬼”から逃げなかった瀬戸大也、「耐乳酸」ボディーで挑戦 これだけハードな練習をしていたらアスリートに大切な鉄は一般の人よりたくさn摂っていても足りません。奥様は元アスリート。体に必要な栄養が足りないときの状況を身をもって体験している…

続きを読む

元気補充の組み合わせ食材 好きだから続けたい! ~アスレシピ~

「好きだからスポーツを続けたい。」 成績が出ないなら辞めたらよいのに。そう言われてもしお子さんがこうやって返答したら。それってスポーツを続ける立派な理由ではないでしょうか?  私はこういうお子さんと一緒に成長するのはとても楽しいです。そしてどうしたら成長していくのか考えていくのがとても好きです。 今回のアスレシピのコラムはそんな事を書きました。そしてこれはこの夏の出来事です。 …

続きを読む

試合続きの疲労蓄積はどうやって改善する? ~アスレシピ~

競泳は世界選手権が始まりましたね。選手は連戦、そして2020に向けてコンディション維持のためこんなことをしていると記事が上がっていました。 競泳が東京五輪に向けてレース直後に弁当をトライ ~アスレシピより~ 東京マラソンをTWC田中が走ったときに地下鉄で移動しつつリカバリー用の食事を持参。ゴールのビッグサイトで着替えをしてすぐに食べさせたのはもう10年前か?!なんて事を思い出しま…

続きを読む

関東高校結果 ~インターハイ予選~

今日まで山梨で競泳の関東高校が行われました。サポート選手が出場し、全員が何らかの種目でインターハイ出場を決めました。 今年は関東、来年はインターハイと計画していた選手がいたのですが、今年インターハイに行けることになりました。 これは2つインターハイを決めた連絡がきた時に送ったライン。 スタンプ1つと『3ついくぞ!』 それだけ。既に東京で準備は終えています。長々と言う必…

続きを読む

筋肉をすごく増やせば速くなるは幻 ~動画でチェック~

水中動画撮影をしたとき (これは松田が海亀を撮影中) 皆さんにわかりやすい動画が撮れたのでアップしました。TWC田中はスイマーではありませんが、とりあえず泳げます。念のため。 松田が浮いている状態で撮影したので若干波に揺れているかも知れませんがそのわりにはわかりやすい動画になっていると思います。なぜ、筋肉をを増やすだけではパフォーマンスがあがらないのか、少し解説も書いておき…

続きを読む

インターハイ特集号 ~高校生スポーツ~

高校生スポーツと日刊スポーツが制作しているインターハイ特集号にアスレシピにご提供したレシピを今年も掲載いただきました。 毎年候補としてあげていただけるレシピをT W Cスポーツ栄養サポートチームスタッフが作り上げていることに栄養士としてのレベルアップを感じます。 今回は松田のコラムと山崎沙織のレシピをご紹介です。 南九州総体は9年前の美ら海のときのように日差しとの戦いにもなるで…

続きを読む

試合だからって糖質ばかりはNG ~アスレシピ~

今日から3連休。昨日食育講座でうかがった小学校でも「日曜日、サッカーの試合なんだ!」「土曜日、空手の試合なんだ!」とみんなが教えてくれました。 今、TVでも小学生が陸上のリレーで試合に出場している映像が流れています。子どもたちが頑張る姿は大人の心にぐっと突き刺さりますね。 ところで試合と言うと糖質を摂取するのがゴールドスタンダードですが本当にそれだけ注意していればよいのでしょうか…

続きを読む

試合が続けば疲労がたまる。試合1日目の夕食何にする? ~アスレシピ~

試合が続けば疲労がたまる。選手になりたては1日で終わっていた試合も、年齢とレベルがあがるにつれ2日、3日と続きます。 今回のアスレシピのコラムは選手としてちょっとレベルが上がってきたときに、試合が重なるときどうすればよいか書きました。 そしてレシピはリカバリー重視のおかず パワーチャージ!鶏肉とトマトのショウガ焼き をご紹介します。 コラムは Total W…

続きを読む

試合前のコンディション不良 原因がわからないとき ~アスレシピ~

試合にピークをもっていくため、いろいろなことをしますね。 ずっとやってきて上手くいっていたのに、なぜか最近うまくいかない。 コンディションが整えられない。 そんなことはありませんか? 練習は積み重ねでうまくいくようになりますが お子さんの体調不良は生活の小さな乱れの積み重ねで起こることをしっておく必要があります。 食事 睡眠 …

続きを読む

練習は嘘をつかない  勉強は嘘をつかない 

よくスポーツで練習は嘘をつかないといいますよね。 ただ練習をするのではなく その意味を理解し実行する ことで嘘をつかない ⇒ 結果に繋がる と思います。 勉強も同じだと思います。 その意味を理解し勉強する ことで試験のような数値で表されるものが出てきます。 それでは食はどうでしょう? 食も大別すれば同じだと思います。その意味を理解し食べる ことで体を作っていき…

続きを読む

たった2つで明らかに違う子どもの体格 ~2018年度版食育白書に関して~

6月4日(火)、昨日、2018年版食育白書が閣議決定されました 朝食抜く若者が増加、26.9%  ▼一般社団法人共同通信社 読み進めると ・「主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上ほぼ毎日食べている国民の割合」は2020年度までに70%以上を目標としている中、58.6% ・子どもの朝食欠食は2010年まで減少傾向であったのに小学生・中学生ともに20…

続きを読む

【あなたのお子さんはあなたが守る!】 学校プールの熱中症は毎年、誰にでも起こる

日本スポーツ振興会サイトで教材カード 6月号 プールの事故に気をつけよう!がアップされています。 その中で 小学校・中学校の プールでも発生! 熱中症の実態と事例/学校屋外プールでの熱中症対策例 がアップされています。競泳めしの第1巻で競泳選手の熱中症とレシピについて書きましたが、 競泳選手の場合は屋内・屋外プールどちら…

続きを読む

3ステップでカルシウム・鉄・たんぱく質たっぷりメニュー ~アスレシピ~

暑かったり、涼しくなったり。体調が揺れ動く5月だったと思います。そうなると食欲も微妙に。でもしっかり食べろと言われるスポーツ選手たち。 さて、そんな時のお役立ちレシピはないものか・・・。 それがあるんです!!! 今回、アスレシピでご紹介したのはCa・Feたっぷりサケとしらすのアスリートふりかけ。 なぜこれをご紹介したかと言うと 小学生でも気軽…

続きを読む

トップを走り続ける人はやっている

大泉学園はアニメの街。アニメフェスタin大泉2019に声優の神谷明さんがトークショーにお越しになりました。時間を作って、歩いて会場へ。 神谷明さんが、キン肉マン、毛利小五郎、そして冴羽獠と生声を。松田としてはライディーンの声をされたのが懐かしかったです。 そのトークショーの中でこんな事を神谷さんがおっしゃっていました。 「録音をするときに、お昼…

続きを読む

給食を食べる時間問題 ~中学校で15分~

ここ数年、給食を食べる時間について問題になっています。 写真は昨年巡回した潮来市小学校給食。あくまでイメージです。 今月はNHKなども取り上げているのでご存知の方も多いと思います。本当に喫食時間(食べる時間)は15分なのかと思われるかたもいるかも知れませんが事実です。 基本的に1食食べるのに20分必ずかかる松田が巡回を始めた日、小学生と一緒に食べていて、教室の中で自分が…

続きを読む

体脂肪、「あってもなくても」もスポーツに関係

スポーツ栄養との関わりはセミナーだけ、またネットや本という方が多いと思います。 通年でサポートする、また一定の期間サポートをする方は正直少ないと思います。 先日、こんな質問をされました。 「体脂肪量が減ったのにパフォーマンスがさがったのだけど、そんなことがあるのか?」 という内容。正直言うと 「かなりの確率であります」 もちろん競技…

続きを読む

『疲労回復促進ピラフ』と『子どもの疲労度を確認する』 ~アスレシピ 水泳の食事~

GWが終わり、先週末は各所で試合が行われていましたが結果はどうでしたか? 泳ぎ込み合宿で疲れが取れずに試合にのぞんだお子さんもいたかも知れません。小さなお子さんにどの位疲れてるのか確認してもなかなか的を得た答えは返ってこないと思います。 ですが小学生でも理解出来る方法があります。 それはノートに書くこと。 今回のアスレシピコラムにきっかけ作りになるノート作成につい…

続きを読む